世界に羽ばたく人材を育成するには、最低限語学をマスターすることが重要です。そして、語学をマスターするには留学が一番の近道です。とは言っても、海外留学をすることは簡単な道のりではありません。やはり一番は治安で、実際に渡航してみないことには分からない現状があります。インターネットサイト等では口コミ評価が掲載されているので、入念なリサーチをしておくことが大切です。そんな中、ここ数年で人気を集めているのがニュージーランドです。ワーキングホリデーを活用する人も多く、ファームステイや飲食店で働きながら英語を学んでいるようです。期間は一年間が最も多く、腰を据えてマスターしようと懸命になっています。母国語以外を喋れると、仕事もプライベートも幅が広がることは確かです。一歩踏み出す勇気と可能性を信じて、海を渡って欲しいです。

ニュージーランド、留学の行先に人気の理由

ニュージーランドは海外留学の人気の行先の一つです。人気の理由も多数ありますが、最大の理由の一つが治安のよさです。また気候のよさ、年間を通して過ごしやすいのも人気の要因です。また物価の安さも人気の一大要因です。物価に関しては、現在は公式な統計ではニュージーランドは日本より物価が高くなっています。ですが、これは公式な統計の話です。ニュージーランド国内には各地にいつでも大安売りのスーパーマーケットがあります。最も全体的にお値段が安いのがPAK’nSAVE、そしてCountdown、NewWorldも安いです。この他にも各地にほぼ必ず良心的な価格設定のスーパーマーケットがあります。なので外国人もとても暮らしやすいです。現地では日本の食材も入手できます。JapanMart、MADEINNIPPONという日本食材スーパーが特に有名です。

ニュージーランド留学中に、日本が恋しくなったら

海外留学の間、大多数の人が経験するのがホームシックです。一見、こんな気がします。大人なのに、おうちが恋しくなることなんて無さそうです。ですが、実際は大人でもホームシックになりがちです。おうちが恋しいというより、むしろ日本での生活が恋しくなります。留学の当初は異文化の生活は新鮮ですが、しばらくすると長年の母国の生活が恋しくなるようです。特に日本人は多くの人が、日本食が恋しくなるようです。ニュージーランドには、そんな人にもよいお店があります。日本食材のお店・日本食スーパーマーケットです。ニュージーランド最大級と言われるのが、JapanMartです。お米、お醤油をはじめ、日本の食材は殆どなんでも揃います。日本の輸入業者の直営店なので、日本人の口に合う商品が並んでいます。こんなところも人気の要因です。